ぎっくり腰の治し方で温めるのはいい事?

ぎっくり腰の治し方として温めるのはいい事なのでしょうか?体に不調がある時は、温めるのが定番ですよね。でも、なぜか、ぎっくり腰は、冷やすのが常識のようにいわれているのは、なぜでしょうか?現職の看護師の長澤さんに、聞いてみました。

ぎっくり腰の治し方 温めるのはいい事?

ぎっくり腰で病院にいくとシップ・痛み止め・注射、腰痛サポーターといった治療を受けるのではないかと思います。また、医師の指示としては、「2~3日は安静にしてシップや氷で冷やしてください。温めると痛みが増します」ということを言われたことがある方もいらっしゃるかと思います。

そして、なぜそうするべきなのかの話はとくにされず、いわれた方もなにも疑問に思わずただただ指示に従おうとすることがほとんどだと思います。ぎっくり腰で痛みが出るのは筋肉を痛めて患部が組織的にダメージを受けるのはもちろんですが、それによって炎症を起こしてしまうからです。

患部を冷やしたり、冷シップを貼るのは、患部の血管を収縮させて血流を減少させて炎症を一時的に軽減することができるからです。また、血流が減ることで痛みに関わる「プロスタグランジン」という物質が作られるのを抑制させることができます。

そうすることで痛み・炎症を軽減することができます。これが冷やしたり冷シップを使用する理由なのです。

ぎっくり腰の治し方 温めるとどうなるのか?

では逆の事をしてしまうとどうなるのか。温シップを貼ってみると…。カイロで温めてみると…。ゆったり風呂にでも入ってみよう…。なんだかわくわくしませんか?しませんね?ぎっくり腰で急性疼痛の時期にある方には申し訳なくなるような事を書いてしまうかもしれません。

が、嬉しくなる内容かもしれません。温シップには血管を拡張させて血流を促す作用があります。冷シップとはまったく逆の作用です。そうすると…。患部の血液循環がよくなります。

そうすると痛みに関係する「プロスタグランジン」も当然つくられます。そうです。痛みは改善されることなく、下手すれば痛みが増強する可能性もあります。血流が良くなり、炎症反応は強くなり、痛みが強くなるかもしれない。良いことなんてなさそうに思われるでしょう。

ぎっくり腰の治し方温めると『炎症』が起きる?

しかし「炎症」とは、身体が患部を自己治療している状態なのです。ですから、炎症を止めないことで結果的には、「早く良くなる」ということになるのです。冷シップと痛み止めも結局は痛みを出さないためのものであって、回復を助長するものではありません。実際に、病院によっては「どちらを選びますか?」というように選択する機会をつくることもあります。

温めるのではなく、冷やすことを医師が勧めるのにも理由があります。

1: 温めることを勧めて痛みが増強したり軽減しなければ悪い評判をたてられるから。
2:いままでが冷やす治療をやって効果がでているから、今更方針を変えたくない。
3: ぎっくり腰は冷やすものだと決まっているから

などでしょう。

今では患者が治療を選択できる時代になってきました。もし温めてみようと興味をもった方は、ぎっくり腰を起こした際は医師にたずねてみてはいかがでしょうか。

※藤田注釈:また、次は、違った見方の意見を聞いてみましょう

ぎっくり腰の治し方 アイシングの効果はどんなもの?

冷やすと痛みが緩和されます。そう痛みが引くので治った気になりますが、ここで良く考えてみましょう。そもそもぎっくり腰の痛みは炎症が起きたからです。その炎症は、痛めてしまった体の機能を修復しようとおこるものです。

修復しようとしているところにアイシングをしたら、炎症=活発的に修復作業をしているのに、冷やすことによって、その修復作業が低下、制限されてしまいます。つまりそれは、冷やすことにより修復作用を遅らせてしまうことになるのです。

そして、アイシングには今一つ問題点があります。それは、炎症を起こしている部位の細胞のみだけでなく、正常な細胞も温度を奪われてしまいます。正常な細胞にとって、その行為は十分害になり得ます。

ぎっくり腰を早く治したければ温める

ぎっくり腰を治すには温めて、自然治癒力を促進させた方が良いことはおわかりでしょうか。でも、促進させるので治そうとして起こる炎症がますます増し、結果として痛みも増します。早く治す為に痛みが一時的に(そう、一時的なのです)増してもいいからと判断されるのでしたら、温めて少しでも早くぎっくり腰を治すことをおススメします。

腰を温めて動ける範囲で動きましょう。冷やして絶対安静は回復を遅くします。必死で治そうとしている炎症部分のその努力を無にしない為、治癒力を増加させる為に、温めて動ける範囲で通常通り動いて回復を待ちましょう。

ぎっくり腰を治すために ふくらはぎを温める

それでもただでさえ痛いのにこれ以上の痛みはと思われるかたは、腰より少し離れたふくらはぎを温めてみてはどうでしょう?第二の心臓といわれているふくらはぎです。ここを温めることにより腰の部分への循環もよくなり、結果としては温めることになりますよ。
  
注意点としては、痛み始めはあまりにも身体が治そうとするあまり血流が急上昇して熱くなりすぎる事があります。真っ赤になって熱すぎる場合は、ひとまずアイシングしてその熱を少し取り除くことも必要です。但しそこで冷やしすぎないでください。治りが遅くなります。

ぎっくり腰を温めて治しています

先日、私はすごく久しぶりにぎっくり腰をしてしまい、早く治したくてネットで調べたところ、どこをどう間違ったのかその時は少数派意見の方の『ぎっくり腰になったら温めると良い』という記事を見つけて温めました。素直にその記事にしたがって温めたんですね。

横になるのも痛くて横になれなかったのですが、そのうち横になれるようになりました。それからかる~くゆ~っくり膝倒しのストレッチをして、徐々に回復に向かったわけです。
 
温めて痛みがひどくなったかどうかは、そもそも比較できないといいましょうか、ぎっくり腰だから痛くて当たり前なんだ?な感覚でしたので、それで時間は過ぎました。症状が軽かったのかもしれませんが、ともかく温めることで現在、私のぎっくり腰は回復に向かっています。

今日で3日目、結構楽になってます。ふくらはぎを温めるのは気持ちよかったです。

股関節が痛い時にオススメのストレッチ体操の記事はこちらです

~股関節の痛みの原因の腸腰筋をほぐす体操~

股関節の痛みストレッチ

続きの記事はこちらです«

ブログ記事執筆者:

さいたま市見沼区在住で、体操を研究している藤田摩利男ともうします。体操研究歴は6年目です。腰の治療家ベスト50にも選出されました。

患者さんご自身で、ぎっくり腰、坐骨神経痛、椎間板ヘルニアなどを治す体操を研究しています。その体操をインターネットを通して、普及させる活動をしており、24回も雑誌に掲載していただきました。



肩こりのおすすめ治療院

施術家、治療家、整体師の友達が20人いる藤田がおすすめする整体院をご紹介します。

埼玉県で一番おすすめ治療院

埼玉では、愉楽堂治療院の中谷先生をおすすめしています。

住所: 〒359-1106 埼玉県所沢市東狭山ケ丘1丁目8-13 グランドールユー202 営業時間: 9時00分~19時00分 施術料金はこちら 合言葉『さいたま市藤田さんのブログを見て電話しました』と言って電話してくださいね。 電話:04-2925-2516

京都府で一番おすすめ整体院

肩こり解消でおすすめのサロン 京都府宇治市では、大下由起恵先生のサロンをおすすめしています。

宇治黄檗にある小さな自宅兼サロンです。

ウェルネスクラブ「Blossom-ブロッサム-」 住所: 〒611-0011 京都府宇治市五ケ庄二番割25-10 グーグルマップはこちら 施術料金はこちら 合言葉『さいたま市藤田さんのブログを見て電話しました』と言って電話してくださいね。 電話.090-8148-0439 営業時間:10:00-20:00

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ