ぎっくり腰の治し方~温湿布?冷湿布?

ぎっくり腰って大変ですよね。ぎっくり腰は有名ですけど、ぎっくり肩や、ぎっくり首もあります。四十肩、五十肩といわれることもあります。突然からだが思うように動かなくなってしまうと不安です。ぎっくり腰になってしまったら、まず、やったほうがいいことをまとめました。

雑誌では、あかせなかった、腰痛を治す方法をメルマガのみでご紹介しています。

名前
メールアドレス:

ぎっくり腰のシップによる治し方

ぎっくり腰は、筋肉の炎症を起こしていることがあります。炎症による痛みなので、まずするべき正しい対処法は、温めではなく冷却した方がいいですね。冷湿布と温湿布があるのですが、冷湿布をつかってください。ただ。冷湿布をはっても、じっさいにガンガンひえていくってことはないので、アイスノンとかで冷やすのがいいですね。で、シップを貼るのも、ぎっくり腰になった当日か、2日めまでにしましょう。3日めからは、どんどん温めた方が回復が早いですよ。

ぎっくり腰の治し方、暖め編

手っ取り早い方法は、温湿布に切り替えることですね。つぎに、湯たんぽや、ホッカイロなど。ベスト2は、温かいお風呂に入ること、しかし、脱衣場の冷えに、ちゅういしてくださいね。脱衣スペースで、ブルブルってくると、そのブルブルで悪化する場合もあります。ベストオブベストは、太陽の光にあたって、あっためることです。かなり、効果てきめん、すぐによくなります。※真夏の直射日光はさけてくださいね。

ぎっくり腰の治し方シップで冷やす?

一般的に、ぎっくり腰には、冷湿布を貼ったほうがいいってことになっていますね。ぎっくり腰になってしまったばっかりの時には、冷湿布を貼ったほうがいいでしょう。しかし、ずっと張りっぱなしで、冷やしてしまうのは、よくありません。基本的に、湿布は、ほどほどにした方がいいです、湿布でも、痛み止めの飲み薬でも薬は薬です。

薬局で、ごっそり、スーパーの買い物袋みたいのに、シップをもらって貼ってるかたいますが、根本的な解決にならないので、薬にたよらない、手法をためしてほしいな。って思います。余談ですけど、ぎっくり腰って、通称で、正式名称ではないですね。シップにも温シップ、冷シップとありますが、実際の作用の仕方なんて考えたことない人の方が多いのではないでしょうか。

今回はシップの作用や、良いとこ悪いとこなどをご紹介します。

まずシップとはなんぞや?温シップと冷シップに共通するものを紹介します。シップは皮膚に貼ることで有効成分をシップのしたの組織に浸潤させて効果を得ようとするものです。効果を出したい場所によっても違ってきますが、実際に効果が出現するまでには1時間以上かかると思ってください。深部の筋肉まで効果を出すには3時間くらいかかるようです。

温・冷シップどちらも効果はもちろんありますが、副作用もあります。一番よく効くのは「シップのかぶれ。シップまけ」でしょう。シップは同じものを長時間貼り続けても効果が得られ続けるわけではないので、医師の指示やシップの説明書きに従いましょう。シップにもほんとうに冷たいだけのものもあるようですし、有効成分もしっかり含まれているものあり様々なので、交換時期は一概にはいえません。

また交換時期だからといって同じ部位に新たなシップを貼り続けるのも皮膚には良くないので部位をずらしたり、時間を空けて貼りなおすことをお勧めします。

◎ 冷シップ
一般的にシップといえば冷シップが思いつくのではないでしょうか。実際に病院で温シップが出ることはほとんどなかったですね。

冷シップは血管を収縮させて血流を少なくして痛みの原因物質が作られるのを抑制して痛みを和らげます。また、炎症を抑えることもできるのでこの点からも痛みが軽減されます。実際に効果が得られるのは貼って一時間以上かかります。

貼った瞬間からヒヤッとするのはメントール成分が配合されており、知覚を刺激するからです。メントールには冷感を得ることはできても実際に冷やす効果はありません。

◎ 温シップ
温シップの効果は、血管を拡張させて血流を促して痛みを改善します。温シップで痛みの改善ができるのは筋肉の慢性的なコリです。打撲やねんざ、ぎっくり腰などの炎症を伴うような痛みには効果がないどころか痛みを助長させてしまいます。

温シップにはシップそのものが温かくなるものから、唐辛子成分のカプサイシンを含むものなどさまざまです。これらが徐々に浸潤して毛細血管から組織に回ることで効果がえられます。



雑誌では、あかせなかった、腰痛を治す方法をメルマガのみでご紹介しています。

名前
メールアドレス:

続きの記事はこちらです

ブログ記事執筆者:

さいたま市見沼区在住で、体操を研究している藤田摩利男ともうします。体操研究歴は6年目です。腰の治療家ベスト50にも選出されました。

患者さんご自身で、ぎっくり腰、坐骨神経痛、椎間板ヘルニアなどを治す体操を研究しています。その体操をインターネットを通して、普及させる活動をしており、24回も雑誌に掲載していただきました。

2 Responses to “ぎっくり腰の治し方~温湿布?冷湿布?”

  1. tuyoop より:

    はじめまして。
    先週土曜日にぎっくり腰になりました。
    運動中に急になってびっくりしました。

    すぐ整形外科に行って、注射とコルセット、シップを1週間分もらいました。
    医師の話では、1週間は暖めてはいけないと言われましたが、このサイトを見ると3日目からは暖めたほうがいいとありました。
    実際はどれがおすすめなのでしょうか。。。

  2. fujita より:

    こんにちは。コメントありがとうございます。私の経験からすると、1週間冷やし続けるのは、冷やしすぎかな。と思います。冷やすのはせいぜい、3日まで、そのあとは、日光にあてて温めるなどしたほうが回復が早いですよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ