ぎっくり腰の治し方。食べ物とぎっくり腰の関係

●ぎっくり腰の治し方と、食べ物の関係

たとえば、あなたは、たくさんたべた時に、ぎっくり腰になってしまった経験ありませんか?これから、暑くなりビアガーデンなどで、たくさん飲んだりするシーズンですね!お酒をたくさん飲んで、たべると、ぎっくり腰多発注意報です。お腹がたくさん膨れて、腰椎のバランスが普段と変わるからですね。

あとは、消化というのも、体にとっては、労働なんですね。必要以上のカロリーを摂取して、消化吸収させるのは、体にとって、過労です。ですから、過労にたえかねて、オーバーヒートして、ぎっくり腰という症状として現れるわけですね。

雑誌では、あかせなかった、腰痛を治す方法をメルマガのみでご紹介しています。

名前
メールアドレス:

ぎっくり腰の治し方 食べ物

食べ物は、おかゆなどの、胃に負担にならないものにします。基本的に少ない量ですませます。ぎっくり腰になると、座骨がいたくて、椅子に座れないという症状を訴える方も多いので、「食べる時は、立って食べます」という方も多いですね。そういう状態のときは、体が『たくさん食べないでくれ』とあんにうったえているのです。

梅干しと、かつお節、しょうゆをたらした、おじやかおかゆが一番です。
そして、このブログで紹介しているような、体操を簡単にすませ、仕事は3日ほど休んで、静かにしていましょう。

【おいしい少し固めのおかゆの作り方】

生米と水の割合を1:7で作ります。(米が50ccだったら水が350cc程度になります)この割合は病人食だけではなく、おかゆを朝食にとる場合などの“食べ応えのあるおかゆ”の割合です。水加減をしたあとに強火、沸いてきたら弱火、ここで一度しゃもじでかき混ぜて、蓋を少しずらして40分程度です。

好みの固さでつくってください。最近は、おかゆダイエットなども、はやっていますよね。かつお節やごま油をいれるとおいしいです。いろいろ味見をしてくださいね。

ぎっくり腰が治りやすい食べ物

かになどは、キチンキトサンや、タンパク質にアミノ酸などがふくまれており、鍋にいれたり、だしをとっても、旨味成分のグルタミン酸が多量にふくまれていますので、ぎっくり腰によっていたんだ、筋肉の繊維の回復をうながします。家族で囲んでたべることにより、副交感神経も発達し、リラックス効果も期待できます。

さて、つぎは、ぎっくり腰の治すのに、有効なコルセットのお話をします。

続きの記事はこちらです«

ブログ記事執筆者:

さいたま市見沼区在住で、体操を研究している藤田摩利男ともうします。体操研究歴は6年目です。腰の治療家ベスト50にも選出されました。

患者さんご自身で、ぎっくり腰、坐骨神経痛、椎間板ヘルニアなどを治す体操を研究しています。その体操をインターネットを通して、普及させる活動をしており、24回も雑誌に掲載していただきました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ