軽いぎっくり腰の応急処置方法

軽いぎっくり腰の応急処置方法

軽いぎっくり腰になってしまったらどうすればいいと思いますか。そもそも軽いぎっくり腰って?と思う人もいるでしょう。ぎっくり腰が「ビキッ」とくるとするのであれば、軽いぎっくり腰は「ピキッ」とくると表現するのでしょうか。

ようは「ちょっと我慢すれば動ける・背筋もどうにか伸ばせる。でも痛くて動くのが辛い」というような状態でしょう。この軽いぎっくり腰でもっとも面倒なのは「どうにか動ける」ということなんです。軽いぎっくり腰と言っても局所が炎症を起こしていることには変わりないのですから、安静が第一です。

他にも有効な軽いぎっくり腰の応急処置方法をこちらの記事で書きましたので、チェックしてくださいね。

股関節が痛い時にオススメのストレッチ体操の記事はこちらです

~股関節の痛みの原因の腸腰筋をほぐす体操~

股関節の痛みストレッチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする