軽いぎっくり腰に即効性のあるストレッチ

軽いぎっくり腰になった場合、すぐに効果があらわれる効果的なストレッチをご紹介します。軽いぎっくり腰になってしまう原因を、現役看護師の長澤先生に教えてもらいました。その原因からみちびく、軽いぎっくり腰の治し方に効果的な即効性のあるストレッチを教えます。ぜひ試してみます。

軽いぎっくり腰におすすめなストレッチ

doctor

軽度のぎっくり腰といっても程度は人それぞれでしょうけど、ほとんどは動くことが可能だけど痛みが残っているという状況でしょう。基本的に痛みが残っているときには痛みが出るようなストレッチはしない方が無難です。できるだけ安静にさせて負荷をかけないようにしたいですね。

負担といえば、起床時や運動前のストレッチをしたばっかりに、逆に筋肉を痛めてしまうこともあります。起床時や運動前は血流が良い状態ではなく筋肉も温まっていないので硬い状態にあります。硬い筋肉を無理に伸ばそうとすると筋が傷んでしまいます。

走る前にアキレス腱をしっかり伸ばそうとして断裂してしまうケースも実際に起こっています。はじめのストレッチは軽く筋肉が突っ張る程度に抑えましょう。そうするうちに筋肉の血流が良くなって柔軟になってくるので、そこから少しずつストレッチを強めてください。

ユルいストレッチなんて本当に効くの?って、『ギューッと伸ばすストレッチじゃないと意味がない』と考えていると怪我の原因になります。

たとえば、整体師の藤田先生が提唱しているこの体操の動画でしているように、このくらいゆるくても良いんです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする